茨城、つくばで相続・遺言のご相談は弁護士法人長瀬総合法律事務所へ。

共同相続人の調査

【共同相続人の調査】

共同相続人の調査については,大きく①戸籍の調査と②相続人の住所の調査に分けることができます。

 

【① 戸籍の調査】

相続・遺産分割のケースに対応するためには,まず相続人の範囲を確定する必要があります。

そして,相続人の範囲を確定するためには,戸籍謄本等を揃えることから始めることになります。

ご相談者によっては,ご自分が把握している親族以外には相続人がいないと思っている方も少なくありません。

ですが,実際に戸籍謄本等を取り寄せて調べると,思わぬ相続人が見つかるケースは珍しくありません。

 

戸籍謄本等の取り寄せは,①被相続人の死亡の記載のある戸籍謄本ないしは除籍謄本から,被相続人の出生の記載がある除籍又は改製原戸籍まで,可能な限りさかのぼって取得するとともに,②推定相続人の範囲を確定するために書く相続人の現在の戸籍に辿り着くまで調査・取り寄せをする必要があります。

 

なお,これらの戸籍謄本等は,遺産分割協議が成立した後に,不動産について相続を理由に所有権移転登記をする場合の必要書類としても必要となります。

 

【② 相続人の住所の調査】

書く共同相続人の住所がわからない場合には,「戸籍の附票」を取り寄せることになります。

 

なお,戸籍の附票を取り寄せても,最終の住所が抹消されている場合があります。

住所を去ってその旨の届出をしない者がいる場合,市町村長は,職権で当該住民票を消除することができます(「職権消除」)。

職権消除をされた場合,最終住所の除かれた住民票を取得しても,転出予定住所地の記載がないことになります。

この場合,公的書類では現在の住所ないし居所を探すことができません。

このような場合には,親族などに尋ねることになりますが,それでも住居地がわからないときには「不在者」扱いをすることになります。

 

お問い合わせ
茨城県日立支所オープン
水戸支所オープン
皆様の声
求人特設サイトはこちら
セミナー紹介
メディア掲載

主な対応エリア

茨城県,牛久市,土浦市,つくば市,阿見町,稲敷郡,龍ヶ崎市(竜ヶ崎市),取手市,守谷市,坂東市,石岡市,神栖市,つくばみらい市,日立市,行方市,水戸市,常総市
長瀬総合法律事務所
弁護士専門ホームページ制作