茨城、つくばで相続・遺言のご相談は弁護士法人長瀬総合法律事務所へ。

具体的相続分の算定

相続人中に,寄与分権者と特別受益者がいる場合,みなし相続財産は,相続開始時の相続財産に特別受益をプラスした後,寄与分をマイナスして算定します。

そして,みなし相続財産に各相続人の相続割合を乗じ,特別受益はマイナス,寄与分はプラスして具体的相続分を算定します。

この計算方法を整理すると,以下の図のようになります。

【具体例】

被相続人:夫相続事件の留意点

相続人:妻と2人の子供(長男・二男)

相続財産:9,000万円(夫死亡時)

長男:夫の生前に留学費用1,000万円を受け取っている

妻:夫の資産形成に貢献し,1,000万円の寄与分がある

二男:夫の療養看護に貢献し,1,000万円の寄与分がある

【算定式】

(みなし相続財産)

9,000万円+1,000万円−(1,000万円+1,000万円)=8,000万円

(具体的相続分)

妻:8.000万円×1/2+1,000万円=5,000万円

長男:8,000万円×1/4−1,000万円=1,000万円

二男:8,000万円×1/4+1,000万円=3,000万円

寄与分の解説はこちらをご覧ください

寄与分とは     寄与分権者

寄与分の算定    具体的相続分の算定

お問い合わせ
茨城県日立支所オープン
水戸支所オープン
皆様の声
求人特設サイトはこちら
セミナー紹介
メディア掲載

主な対応エリア

茨城県,牛久市,土浦市,つくば市,阿見町,稲敷郡,龍ヶ崎市(竜ヶ崎市),取手市,守谷市,坂東市,石岡市,神栖市,つくばみらい市,日立市,行方市,水戸市,常総市
長瀬総合法律事務所
弁護士専門ホームページ制作