茨城、つくばで相続・遺言のご相談は弁護士法人長瀬総合法律事務所へ。

単純承認

【単純承認とは】

単純承認とは,被相続人の権利義務を承継することを相続人が無限に承認することを言います(民法920条)。

 

【法定単純承認】

民法上,以下の事項に該当した場合には単純承認をしたものとみなす規定があります(民法921条1号ないし3号)。

 

 相続人が相続財産の全部又は一部を処分したとき。ただし、保存行為及び第六百二条に定める期間を超えない賃貸をすることは、この限りでない。

 相続人が第九百十五条第一項の期間内に限定承認又は相続の放棄をしなかったとき。

 相続人が、限定承認又は相続の放棄をした後であっても、相続財産の全部若しくは一部を隠匿し、私にこれを消費し、又は悪意でこれを相続財産の目録中に記載しなかったとき。ただし、その相続人が相続の放棄をしたことによって相続人となった者が相続の承認をした後は、この限りでない。

 

【熟慮期間】

法定単純承認事由にもあるように,自己のために相続の開始があったことを知った時から3か月以内に限定承認または相続放棄のどちらかを選択しなかった相続人は,単純承認をしたものとみなされます(民法921条2号)。

但し,この規定には例外があります。

 

1つは,熟慮期間を伸長するよう家庭裁判所に申し出をする方法です(民法915条1項但し書)。

 

また,もう1つは,相続開始を知った時から3ヶ月以内に限定承認又は相続放棄をしなかったのが,被相続人に相続財産が全く存在しないと信じたためであり,かつ,被相続人の生活歴,被相続人と相続人との間の交際状態その他諸般の状況からみて当該相続人に対し相続財産の有無の調査を期待することが著しく困難な事情があって,相続人において右のように信ずるについて相当な理由があると認められるときは,熟慮期間は相続人が相続財産の全部又は一部の存在を認識した時または通常これを認識しうべき時から起算すべきものとされています(最高裁昭和59年4月27日判決(民集38・6・698)。

お問い合わせ
茨城県日立支所オープン
水戸支所オープン
皆様の声
求人特設サイトはこちら
セミナー紹介
メディア掲載

主な対応エリア

茨城県,牛久市,土浦市,つくば市,阿見町,稲敷郡,龍ヶ崎市(竜ヶ崎市),取手市,守谷市,坂東市,石岡市,神栖市,つくばみらい市,日立市,行方市,水戸市,常総市
長瀬総合法律事務所
弁護士専門ホームページ制作