茨城、つくばで相続・遺言のご相談は弁護士法人長瀬総合法律事務所へ。

寄与分とは

寄与分とは,相続人が,「被相続人の事業に関する労務の提供又は財産上の給付,被相続人の療養看護その他の方法により被相続人の財産の維持又は増加について特別の寄与をした」場合に,相続財産の分配にあたって法定相続分とは別に考慮される評価分をいいます(民法904条)。

法定相続分に従った相続分の算定を修正する要素になるため,特別受益とともに,争いになることが多い争点の一つです。

特別受益同様,寄与分として評価されるどうかを判断するためには,詳細な事実調査が必要です。

寄与分が争点となった場合,長年にわたる過去の経過が問題となるため,紛争が長期化することも珍しくありません。

寄与分を争点に設定するかどうかは,事前によく検討する必要があります。

寄与分の解説はこちらをご覧ください

寄与分とは     寄与分権者

寄与分の算定    具体的相続分の算定

お問い合わせ
茨城県日立支所オープン
水戸支所オープン
皆様の声
求人特設サイトはこちら
セミナー紹介
メディア掲載

主な対応エリア

茨城県,牛久市,土浦市,つくば市,阿見町,稲敷郡,龍ヶ崎市(竜ヶ崎市),取手市,守谷市,坂東市,石岡市,神栖市,つくばみらい市,日立市,行方市,水戸市,常総市
長瀬総合法律事務所
弁護士専門ホームページ制作