茨城、つくばで相続・遺言のご相談は弁護士法人長瀬総合法律事務所へ。

寄与分の主張の排斥

【ご相談前】

Cさんは,亡くなった父の遺産分割をめぐって,父の後妻との間で対立していました。

後妻の方は,父の財産が増えたのは自分が貢献したからであると主張し,多額の相続財産の取得を主張し続けました。

Cさんは,ご本人では埒が明かず,当事務所にお越しになりました。

【ご相談後】

当事務所で受任し,交渉を行いましたが,相手方も主張を譲らず,話し合いは進みませんでした。

そこで,遺産分割調停を申し立てることにしました。

調停手続では,後妻から寄与分に関する主張が出されましたが,当事務所では判例に準拠して反論を重ねました。

その結果,後妻の寄与分の主張は考慮されない内容で調停をまとめることができました。

【当事務所からのコメント】

遺産分割では,寄与分や特別受益など,分割割合を修正する考え方があります。

ですが,どのようなケースであれば修正が認められるのかは,慎重に検討する必要があります。

このケースでは,修正を請求される側でしたが,反論を重ねた結果,修正は認められませんでした。

修正が認められるかどうかだけで,数百万円以上も結果が変わってしまうことも珍しくありません。

お問い合わせ
茨城県日立支所オープン
水戸支所オープン
皆様の声
求人特設サイトはこちら
セミナー紹介
メディア掲載

主な対応エリア

茨城県,牛久市,土浦市,つくば市,阿見町,稲敷郡,龍ヶ崎市(竜ヶ崎市),取手市,守谷市,坂東市,石岡市,神栖市,つくばみらい市,日立市,行方市,水戸市,常総市
長瀬総合法律事務所
弁護士専門ホームページ制作