茨城、つくばで相続・遺言のご相談は弁護士法人長瀬総合法律事務所へ。

寄与分権者

寄与分権者の範囲

寄与分権者は,相続人に限られます(民法904条)。

なお,代襲相続人も相続人ですから,寄与分権者にあたります。

代襲相続の場合

もっとも,代襲相続人の場合,代襲相続人自身ではなく,被代襲者による寄与に基づいて寄与分を主張できるかが問題となりますが,肯定した裁判例があります(東京高決昭和54年2月6日)。

共同相続人以外の者の寄与の場合

相続人以外の者(例えば相続人の配偶者や子,内縁の妻等)は,相続人ではない以上,寄与分を主張することはできません。

ですが,相続人の妻子が被相続人を介護したことが,当該相続人の寄与分に置いて考慮された裁判例(東京家裁審判平成12年3月8日)などもあり,寄与分の算定にあたって全く考慮されないということではないことには注意が必要です。

寄与分の解説はこちらをご覧ください

寄与分とは     寄与分権者

寄与分の算定    具体的相続分の算定

お問い合わせ
茨城県日立支所オープン
水戸支所オープン
皆様の声
求人特設サイトはこちら
セミナー紹介
メディア掲載

主な対応エリア

茨城県,牛久市,土浦市,つくば市,阿見町,稲敷郡,龍ヶ崎市(竜ヶ崎市),取手市,守谷市,坂東市,石岡市,神栖市,つくばみらい市,日立市,行方市,水戸市,常総市
長瀬総合法律事務所
弁護士専門ホームページ制作