茨城、つくばで相続・遺言のご相談は弁護士法人長瀬総合法律事務所へ。

推定相続人の廃除

【推定相続人の廃除と審判】

家庭裁判所では,遺産分割の前提問題である相続人の地位の争いについて,遺産分割審判手続でも判断することが可能です。

但し,相続人の地位の争いの中でも,推定相続人の廃除は遺産分割審判の中で行うことはできません。

推定相続人の廃除は,家事審判と人事訴訟の専決事項とされるためです。

 

【廃除】

遺留分を有する推定相続人に,被相続人に対する虐待など一定の事由がある場合いは,被相続人はその推定相続人の廃除を家庭裁判所に請求することができます。

なお,廃除が認められた場合,戸籍にも排除されたことが記載されます。

 

【廃除の場合の代襲相続】

被廃除者が被相続人の子である場合に,被廃除者に子があれば,この子が代襲相続人となります。

 

【遺言による廃除】

遺言によって廃除の意思表示がされた場合,この手続は当該遺言の効力発生後,言い換えれば被相続人の死亡後に開始します。

お問い合わせ
茨城県日立支所オープン
水戸支所オープン
皆様の声
求人特設サイトはこちら
セミナー紹介
メディア掲載

主な対応エリア

茨城県,牛久市,土浦市,つくば市,阿見町,稲敷郡,龍ヶ崎市(竜ヶ崎市),取手市,守谷市,坂東市,石岡市,神栖市,つくばみらい市,日立市,行方市,水戸市,常総市
長瀬総合法律事務所
弁護士専門ホームページ制作