茨城、つくばで相続・遺言のご相談は弁護士法人長瀬総合法律事務所へ。

法定相続分

【法定相続分】

相続人の順位だけではなく,各相続人の相続分も法律で規定されています。

法律で規定された相続分を,「法定相続分」といいます。

各相続人の法定相続分は,次のように決められています。

 

【共同相続人が配偶者と子の場合】

配偶者:2分の1

子:2分の1

 

*   昭和55年の改正前

配偶者:3分の1

子:3分の2

 

子が複数いる場合,各自の相続分は等しいものとされています(民法900条4号本文)。

なお,以前は子の中に非嫡出子がいる場合,その相続分は嫡出子の2分の1とされていました。

ですが,平成25年9月4日,最高裁判所は,民法の規定のうち嫡出でない子の相続分を嫡出子の相続分の2分の1とする部分について,遅くとも平成13年7月当時において,法の下の平等を定める憲法14条1項に違反していたとの決定をしました。

そこで,違憲とされた規定を改め,嫡出子と嫡出でない子の相続分を同等とする改正が必要となりました。

新法は,最高裁判所による決定がされた日の翌日である平成25年9月5日以後に開始した相続について適用することとしています(附則第2項)。

相続は被相続人の死亡によって開始しますので,平成25年9月5日以後に被相続人が死亡した事案に適用されます。

また,改正による影響を受けるのは,相続人の中に嫡出子と嫡出でない子の双方がいる事案です。

相続人となる子が嫡出子のみの事案や嫡出でない子のみの事案では,子の相続分は,これまでと変わりません。

詳細については,法務省のホームページをご参照ください。

http://www.moj.go.jp/MINJI/minji07_00143.html

 

【共同相続人が配偶者と直系尊属の場合】

配偶者:3分の2

直系尊属:3分の1

 

直系尊属が複数いる場合,各自の相続分は等しいものとされています(民法900条4号本文)。

 

【共同相続人が配偶者と兄弟姉妹の場合】

配偶者:4分の3

兄弟姉妹:4分の1

 

兄弟姉妹が複数いる場合,各自の相続分は等しいものとされています(民法900条4号本文)。

但し,兄弟姉妹の中に,父母の一方のみを同じくする兄弟姉妹がいる場合,この相続分は父母の双方を同じくする兄弟姉妹の2分の1とされます(民法900条4号但書)。

 

お問い合わせ
茨城県日立支所オープン
水戸支所オープン
皆様の声
求人特設サイトはこちら
セミナー紹介
メディア掲載

主な対応エリア

茨城県,牛久市,土浦市,つくば市,阿見町,稲敷郡,龍ヶ崎市(竜ヶ崎市),取手市,守谷市,坂東市,石岡市,神栖市,つくばみらい市,日立市,行方市,水戸市,常総市
長瀬総合法律事務所
弁護士専門ホームページ制作