茨城、つくばで相続・遺言のご相談は弁護士法人長瀬総合法律事務所へ。

相続人の順位

【相続人の順位】

相続には順位が決められています。

相続は,法律で規定されている優先順位に従って行われますが,先順位の相続人がいない場合に,次順位の相続人に相続権が生じることになります。

 

【配偶者=常に相続人】

被相続人の配偶者は,常に相続人となります(民法890条)。

 

【第1順位の相続人=子】

被相続人の子(胎児を含みます)は,第1順位の相続人となります(民法887条1項)。

なお,この順位は,子が嫡出子であっても,非嫡出子であっても変わりません。

 

相続開始をする前に相続人となるはずの子が死亡しているときは,その者にさらに子があれば,その子が相続人となります(民法887条2項)(いわゆる「代襲相続」です。)。

また,相続開始以前に代襲者が死亡していても,その者にさらに子があればその子が相続人となります(民法887条3項)(これを「再代襲」といいます)。

 

【第2順位の相続人=直系尊属】

被相続人に子ないし代襲者がいない場合は,直系尊属(被相続人の親など)が相続人となります(民法891条1項1号)。

 

【第3順位の相続人=兄弟姉妹】

次に,第1順位の子(代襲者等),第2順位の直系尊属がいない場合,兄弟姉妹が相続人となります(民法889条1項2号)。

相続開始以前に相続人となるべき兄弟姉妹が死亡していても,その者に子がいれば,その子が代襲して相続人となります(民法889条2項・887条2項)。

もっとも,兄弟姉妹の代襲相続には,再代襲は認められていません。

但し,昭和55年12月31日以前に相続が開始した場合には,兄弟姉妹にも再代襲がありますので注意が必要です。

 

 

【養子縁組の場合】

養子縁組をした場合,養子は養親の嫡出子の身分を取得します(民法809条)。

その結果,養親子の間だけでなく,養子と養方の親族(直系尊属,兄弟姉妹)の間にも相続が発生します。

 

普通養子縁組の場合,養子と実方の父母との親族関係は終了しません。その結果,養子が被相続人となった場合,実方,養方両方の父母及び親族が相続人となります。

一方,特別養子縁組の場合,実方の父母及び親族との親族関係は終了します。その結果,相続は養方の父母及び親族との間でだけ発生することになります。

 

 

 

お問い合わせ
茨城県日立支所オープン
水戸支所オープン
皆様の声
求人特設サイトはこちら
セミナー紹介
メディア掲載

主な対応エリア

茨城県,牛久市,土浦市,つくば市,阿見町,稲敷郡,龍ヶ崎市(竜ヶ崎市),取手市,守谷市,坂東市,石岡市,神栖市,つくばみらい市,日立市,行方市,水戸市,常総市
長瀬総合法律事務所
弁護士専門ホームページ制作