茨城、つくばで相続・遺言のご相談は弁護士法人長瀬総合法律事務所へ。

相続放棄

【相続放棄とは】

相続放棄とは,相続人が遺産の相続を放棄することを言います。

相続財産の中には,債務のように相続人にとって不利なものもあることから,相続の負担から相続人を解放するため,相続放棄という制度が設けられたとされています。

また,実際に相続放棄が行われる例としては,債務を承継しないようにする場合以外にも,家業の経営を安定させるために後継者以外の兄弟姉妹が相続を辞退する場合などもあります。

 

【相続放棄の効果】

1 効力

相続放棄が家庭裁判所に受理されると,申述人ははじめから相続人とならなかったものとして取り扱われます(民法939条)。

この結果,相続放棄がなされると,他の共同相続人の相続分が増加したり,新たに相続人となる者が現れたりします。

この場合,特に注意しなければならないこととしては,被相続人に債務があった場合,相続放棄の結果,新たに相続人となった者も相続放棄をする必要があるという点です。

 

2 訴訟の受継

被相続人を当事者とする相続財産に関する訴訟(例:被相続人を被告とする貸金返還請求訴訟等)の係属中に被相続人が死亡した場合,相続放棄をした相続人は,はじめから相続人とはならなかったものとみなされるため,訴訟も承継しないことになります。

この場合,相続放棄をしない相続人のみが承継するということになります。

 

3 相続放棄後の相続財産の管理

なお,相続放棄の申述人は,相続放棄後も,新たに相続人となった者が相続財産の管理を始めることができるまでは,相続財産を管理しなければなりません(民法940条)。

 

【相続放棄の手続】

1 申述人

被相続人の推定相続人(民法887〜890条)。

複数の推定相続人がいる場合であっても,各推定相続人は単独で相続放棄を申述することができます。

 

2 申述先

相続が開始した地を管轄する家庭裁判所

 

3 申立時期

自己のために相続の開始があったことを知った時から3ヶ月以内(民法915条1項本文)。

但し,例外があることにご注意ください。

 

4 審判

相続放棄の申述を家庭裁判所に提出すると,相続放棄を受理するか,却下するか審判が出されることになります。

 

お問い合わせ
茨城県日立支所オープン
水戸支所オープン
皆様の声
求人特設サイトはこちら
セミナー紹介
メディア掲載

主な対応エリア

茨城県,牛久市,土浦市,つくば市,阿見町,稲敷郡,龍ヶ崎市(竜ヶ崎市),取手市,守谷市,坂東市,石岡市,神栖市,つくばみらい市,日立市,行方市,水戸市,常総市
長瀬総合法律事務所
弁護士専門ホームページ制作