茨城、つくばで相続・遺言のご相談は弁護士法人長瀬総合法律事務所へ。

親族の範囲

相続事件では,「親族関係」が問題になることがあります。

親族関係には,①血族,②配偶者,③姻族があります。

①血族とは,自然の血のつながりのある関係者のことを言います(自然血族とも言います)。
例えば,父や母と子,祖父母と孫,おじおば・めいおいなどの間柄のことを言います。
その他には,自然の血のつながりはないものの,法律で自然の血のつながりをつくった関係(法定血族と言います。)があります。
例えば,養子と養親などです。

②姻族とは,妻又は夫のどちらか一方と,他方の血族の関係を言います。
例えば,妻と,夫の,父母,兄弟姉妹,他の女性との間の子どもの関係などです。
配偶者の血族相互間(例えば夫の姉と妻の妹),血族の配偶者相互間(姉の夫と妹の夫)は姻族ではありません。

親族の範囲は,民法725条で六親等内の血族(自然血族,法定血族のいずれも含みます),配偶者,三親等内の姻族と定められています。

離婚事件や相続事件の際,血族や姻族と言った用語を使用することがありますが,この意味を押さえておくと理解の一助になるかと思われます。

お問い合わせ
茨城県日立支所オープン
水戸支所オープン
皆様の声
求人特設サイトはこちら
セミナー紹介
メディア掲載

主な対応エリア

茨城県,牛久市,土浦市,つくば市,阿見町,稲敷郡,龍ヶ崎市(竜ヶ崎市),取手市,守谷市,坂東市,石岡市,神栖市,つくばみらい市,日立市,行方市,水戸市,常総市
長瀬総合法律事務所
弁護士専門ホームページ制作