茨城、つくばで相続・遺言のご相談は弁護士法人長瀬総合法律事務所へ。

遺留分の獲得

【ご相談前】

Dさんには,妻との間に子どもがいました。

妻は,子どもに全財産を譲る内容の遺言書を作成して亡くなってしまいました。

ですが,Dさんは,妻の最後を看取ったのは夫であるDさんだったにもかかわらず,一切財産を取得できないということに納得できませんでした。

【ご相談後】

Dさんからご相談をうかがい,遺留分減殺請求権を行使することにしました。

遺留分減殺請求権は時効期間が短いため,早急に相続人や相続財産の調査を行った上で,すぐに遺留分減殺請求権を行使する旨の内容証明郵便を送付して交渉を開始しました。

その結果,受任から数か月で遺留分に相当する金員を取得することができました。

【当事務所からのコメント】

ご自分が一切相続財産を取得できないという内容の遺言書があっても,本当に何も取得することができないかどうかは検討する必要があります。

遺言書自体の有効性が問題となることもあれば,遺留分が問題となることもあります。

お問い合わせ
茨城県日立支所オープン
水戸支所オープン
皆様の声
求人特設サイトはこちら
セミナー紹介
メディア掲載

主な対応エリア

茨城県,牛久市,土浦市,つくば市,阿見町,稲敷郡,龍ヶ崎市(竜ヶ崎市),取手市,守谷市,坂東市,石岡市,神栖市,つくばみらい市,日立市,行方市,水戸市,常総市
長瀬総合法律事務所
弁護士専門ホームページ制作