遺産を残す方が留意すべき4つのポイント

ご自分が亡くなったとき、大切なご家族へ、ご自身の遺志をどう伝え、財産をどう残すか。

ご自身の後を見据えて相続対策をするにあたり、遺産を残す方は、以下の4つのポイントにご留意ください。

なお,4つのポイントの詳細については,各項目をクリックしてご参照ください。

 

1 遺言書の作成

ご自身の遺志を残すために最も有効な方法の一つとして、遺言書の作成があります。

 

2 相続税対策

相続時には、相続税の課税リスクも考慮する必要があります。

課税リスクを抑える方法として、生前の相続税対策を検討することが必要です。

 

3 事業承継

遺産を残す方が、会社経営者の場合、残された会社の事業を残すのか、精算するのか等も検討する必要があります。

このようなケースでは、事業承継の方法を検討することが必要です。

 

4 成年後見制度

遺産を残す方が、生前に判断能力等に支障が生じた場合には、成年後見制度の利用を検討する必要があります。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

問い合わせフォーム

トップへ戻る

牛久本部電話番号リンク 日立支所電話番号リンク 水戸支所電話番号リンク
弁護士専門ホームページ制作