茨城、つくばで相続・遺言のご相談は弁護士法人長瀬総合法律事務所へ。

相続でもめないために


① 遺言書
② 生前贈与
相続をきっかけに、それまでは良好だった親族関係が急に悪化してしまうということも、残念ながら決して少なくありません。
相続をきっかけにご家族が「争族」にならないようにするために、事前にとりうる対応もあります。
中でも有効な対応は、①遺言書と②生前贈与です。

① 遺言書

遺言書は、相続人の意思に優先します。
遺言書の内容を相続人に知られないままにしておくことも可能です。
また、被相続人のご判断で新たな遺言書を作成することも可能です。
被相続人のご希望を実現するためには有効な方法です。
但し、遺言書の効力が後日問題とならないよう、遺言書の内容や保管については慎重に検討する必要があります。

② 生前贈与

相続が発生する前に財産を分配してしまえば、相続が発生してからのトラブルを未然に防止することができます。
但し、生前贈与をしたことで、相続人の態度が変わることも考えられます。

いずれの方法がもっとも良いのかは、その時々の状況によっても変わってきます。
これから起こるかもしれない相続のことでお悩みの方がいらっしゃいましたら、まずはお気軽にご連絡ください。

 

お問い合わせ
茨城県日立支所オープン
水戸支所オープン
皆様の声
求人特設サイトはこちら
セミナー紹介
メディア掲載

主な対応エリア

茨城県,牛久市,土浦市,つくば市,阿見町,稲敷郡,龍ヶ崎市(竜ヶ崎市),取手市,守谷市,坂東市,石岡市,神栖市,つくばみらい市,日立市,行方市,水戸市,常総市
長瀬総合法律事務所
弁護士専門ホームページ制作