遺産の使い込みのケースにおける3つのポイント

弁護士法人長瀬総合法律事務所では、これまでにも多数の相続問題についてご相談・ご依頼を受け、解決してきた実績があります。

これまで寄せられた相続問題の中でも、「遺産・預金の使い込み」が問題となるケースは少なくありません。

遺産・預金の使い込みとは、被相続人の生前に、被相続人名義の預貯金が、相続人の一部によって無断で引き出されていることをいいます。

このように、遺産・預金の使い込みのケースでは、被相続人の死後、相続人の一部の者が原告となり、他の相続人を被告として、当該預貯金の引出は被告が被相続人に無断で権限なく行ったものであるなどとして、不法行為に基づく損害賠償請求又は不当利得に基づく利得返還請求をすることになります。

遺産・預金の使い込みのケースでは、使い込みをしたと主張されている立場なのか、使い込みをしたと主張している立場なのかによって、注意すべきポイントが異なることになります。
これらの注意事項を整理すれば、遺産・預金の使い込みが問題となるケースでは、以下の3つのポイントに分類することができます。

それぞれのポイントの留意点については、各項目をご参照ください。

 

1 遺産・預金を使い込んでしまった側の留意点

反論① 預金の引き出しに関与していない

反論② 預金の引き出しを補助したに過ぎない

反論③ 預金の引き出し後に被相続人本人に交付した

反論④ 預金の引き出しを任されていた

反論⑤ 引き出した預金を被相続人のために使用した

 

2 遺産・預金を使い込まれてしまった側の留意点

反論① 預金の引き出しに関与していない

反論② 預金の引き出しを補助したに過ぎない

反論③ 預金の引き出し後に被相続人本人に交付した

反論④ 預金の引き出しを任されていた

反論⑤ 引き出した預金を被相続人のために使用した

 

3 遺産・預金の使い込みへの対処法

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

問い合わせフォーム

トップへ戻る

牛久本部電話番号リンク 日立支所電話番号リンク 水戸支所電話番号リンク
弁護士専門ホームページ制作